1. ガスを入れる前に確認しておこう!

  

ライターのガスが空になってから、新しいガスを注入してください。内部に残留ガスがある場合、ガス注入時に逆噴射が起こることがあり大変危険です。



2. ガス注入口を見つけよう

  

ライターのガス注入口は共通です。注入口をカバーしてある製品もありますので、見つけてください。



3.ガスを注入してみよう!

  

ガスボンベは使用前に良く振っておくといいです。,ガス注入口を上に向け、ボンベのノズルを垂直に差し込みます。強く押し付ければ、ガスは注入されます。ガスは約1〜2秒で入ってしまいますので、長く押し付けている必要はありません。



4.おわりに

  

ガスを入れ終わると、ガス注入口の周りに液化ガスがあふれてきます。注入口の周りにガスがたまっている場合は、ふき取ってください。,ガスが注入されたか確認したいときは、ライターのガス注入口の中心をドライバーの先などで押します。ガスが噴出すしてくれば、ガスは注入されているということです。



 

ホームページ制作会社のウィズユー